人材育成の変化や育成そのものへの抵抗を乗り越える方法

人材育成に対する抵抗

「人材育成が思う様に行っていない」と思ったとしよう。

人材育成の成果は目に見えにくいし、長期的スパンで見る必要がある。

そんな中で、「思う様にうまく行っていない」というのであれば、それは間違いなくうまく行っていないのだ。よりよい人材育成をしないといけないし、仕組み自体を変革しないといけないかもしれない。それも、なるべく早くしなければいけない。

うまくいく保証はないが、実施してみなければ現状維持が続き、よりよくなることはないというのも当たり前の話だ。

しかし、変化には大きな抵抗が伴うことがままある。

続きを読む

学習の成果として、対価を用意すべきか?

学習の成果

企業内学習の成果として何らかの対価を用意すべきだと一般的には思われている。

例えばある技能を身につけたら給料が上がる。ある知識を身につけたら報酬が出る。ある資格を取ったら賞与が上がる。

これらは非常に上手くいきそうだ。人間は報酬があったほうが頑張るというのは明らかな事実のように思える。

しかし、実は、これ以上に成果が出る方法があるとしたら、あなたはどうするだろうか?

続きを読む

【成長のための教訓】ここがロドスだ、ここで跳べ!

ここがロドスだ!

社員から「ルーチンワークばかりで成長できません」という相談というかクレームが来たとしよう。

確かに彼がやっている仕事にはルーチンワークもある。しかし、意味がない仕事ではなく誰かがしっかりと取り組まないといけない仕事だ。

あなたならどう答えるだろうか?

続きを読む

企業と人が変わり続けるためのアンラーニングとは?

unlearning

企業が長期に渡って成功し続けるために必要なことは何か?

長期に渡って成功し続けるのは年々難しくなっている。ITの発達により事業開発のコストが下がり、競争が増したからだ。大企業であってもITが絡むといつひっくり返されるかわからない。

圧倒的なシェアを誇っていたコダックが、デジタルカメラの発達によりわずか数年でなくなってしまったのは記憶に新しいはずだ。

ITの発達により変化の速度が急激になっているこの現状の中「継続的」を目指すのであれば、いかにして外部環境の変化についていくかがポイントとなる。

続きを読む

効果的に部下を育成するためにかかせない9つのポイント

point

部下を育成するためにかかせないことはなんだろうか?

あなたに部下がいれば、常に彼らに成長してほしいと思っているだろう。

このページでは部下を育成する上で必要なポイントについてご紹介した。「部下の育成について悩んでいる」「注意点を知りたい」という方には参考になるだろう。

続きを読む

【効果的な】新人教育のためのマニュアルの作り方

新人教育のマニュアル

「新人教育にマニュアルは必要ですか?」と聞かれたら、答えはイエスだ。

あった方がいいというよりも、なくてはいけない。

特に今後は少子化の影響が大きく出てきて、自社に入社してくる新入社員のレベルは落ちていくと思った方がいい。これはもう避けられないことだ。

そんなときでもマニュアルは活躍する。

続きを読む

【育成担当者向け】人材育成のための個人面談のポイント

個人面談のポイント

人材育成のために個人面談を活用しているだろうか?

個人面談は普段忙しい業務の合間で、1対1で話す数少ない機会を自然に作ってくれる。人材育成のためにも役立つし、他の面でも非常に有効な手段だ。

このページでは部下との個人面談について、実施方法をまとめた。参考にしていただければと思う。

続きを読む